看護師が高収入に透析を選択するには理由がある?

看護師が高収入に透析を選択することが結構あります。高収入になる職場は他にもあるのですが、なぜ透析を希望するのでしょうか?それは様々な角度から見て、体感年収が高い職場だと言えるからです。

看護師の高収入 透析を選択するのは正解?

看護師の高収入で透析を選択するのは正解なのでしょうか?看護師の専門性ということが言われるようになり、何か専門分野をつくろうとする看護師が増えています。

透析もその中の1つではありますが、他にも脳神経外科や循環器科、内視鏡や訪問看護、精神科など、いくらでも専門分野が出てきます。

つまり、透析でなくても良いわけです。しかし、透析を専門分野に選択している看護師は、透析が良いというケースが多いのです。

この理由は何でしょうか?

それは、透析を様々な角度から見たときに、バランスが非常に良いことです。バランスが良いと、体感年収も高くなりやすくなります。

そして、そのバランスも自分自身が重視する部分を選択することができるという、オーダーメイドに近い形になっています。

例えば、高収入で夜勤がなくて休みが多い職場はありますか?と言われると、あります。

収入面は普通でいいので、勤務時間が短い職場はありますか?と言われれば、あります。

このようにその時の状況によって選択肢がいろいろとあるのがメリットと言えるでしょう。

また、透析は今後も需要がどんどん増す分野です。需要が増すということは、高収入の状態でなくなる可能性というリスクが少ないのです。

高収入の職場を考える時に、高水準での安定があるかどうか、という点も重要になってきます。

一時の高収入では、結果的に高収入の職場で勤務できていることになりませんから。

看護師の高収入 透析の選択肢の多さで生涯安泰?

看護師の高収入で透析を選択する看護師は、透析が生涯安泰の職場として認識している場合が多いです。

というのも、透析はいろいろな勤務形態に対応していますので、看護師のライフスタイルの変化に対応しやすい職場だからです。

そして、変化があった時でも継続的に透析に携わることで、高収入を保つことができます。

看護師の場合は、どうしても結婚や出産、そして子育て、親の介護などで仕事の形を変える必要がある時があります。

そういった時に、例えば病棟での勤務であれば、外来に変更したりしますよね。こういったことが高収入を維持できなくする要因になっています。

やはり、専門的分野にずっと携わっておく方が高収入になるのです。透析はそれが可能になる診療科目として、一部の看護師からの人気が高いのです。

しかし、今述べたように一部の看護師には、ということが言えます。なぜ、一部なのでしょうか?その理由をこれから述べていきます。

看護師の高収入 透析で叶えることができるが・・・

看護師の高収入は透析で叶えることができます。また、条件面で考えても、勤務時間や休日など、多くのパターンがあり、ライフスタイルの変化にも対応しやすい診療科目です。

こういったことから考えると、大変人気が高いように思いますが、実際はそこまで人気が高いわけではありません。

正確に言うと、好き嫌いが激しい診療科目という感じですね。これは、透析患者の特徴が大きく影響しています。

透析患者は対応が難しいことで有名です。なぜかというと、1つ目は透析がストレスの溜まるものであること、そしてもう1つが長く透析を行っている方が多いことです。

ストレスが溜まっている人の対応は、一般社会の中でも大変ですよね。それが疾患によってとなると尚更です。

そして、長く透析を患っている方は、それだけ知識が豊富です。いわゆる新人泣かせのような患者様が多いのです。

実際に、患者様にいじめられて早期で退職してしまう、というケースもあります。

このように透析には完全に人気診療科目になれない理由があります。ただ、それが逆に高収入に繋がっています。

人気診療科目になると、どうしても給料が下がりますからね。

透析の場合は、給料や勤務時間など多くの形に対応できる職場があります。

ただ、各々の職場によって、対応できる内容が違うため、要望がいろいろとある場合は、看護師転職支援サイトを活用すると良いでしょう。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ