看護師 高収入は英語ができることで近づくことができる?

看護師の高収入に英語は関係あるのでしょうか?英語ができたからといって、高収入で採用してくれるという医療機関はほとんどないでしょう。しかし、英語を武器に高収入を勝ち取ることはできるかもしれません。

看護師 高収入に英語はどのように絡むのか?

看護師の高収入に英語はどのように関係してくるのでしょうか?基本的に英語ができるから高収入ということはありません。

例えば、新卒の看護師が病院の面接で、TOEICが800点以上あります、と言っても、それで高収入になることはありません。

もちろん、アピールポイントになり、採用されやすくなるという効果はありますが。ただ、どちらにしても不採用が少ないため、それ程重要というわけではありません。

となると、英語はどこで高収入と繋がるのでしょうか?それは看護師として仕事をしていく上で、必要な業務に携わることになった時です。

例えば、看護師として医療機器メーカーの説明業務を行う仕事、いわゆるクリニカルコーディネーターになり、海外出張もあるとなれば、英語ができることはプラスになります。

また、最近では海外に病院を作ろうとする法人も増えてきており、スタッフは出来るだけ日本人で、というケースがあります。

というのも、日本人と外国人では接遇が全く違いますので、日本的な病院を海外に作りたいのであれば、現地のスタッフではなく日本からのスタッフが必要になります。

その時に英語が話せる看護師は重宝されます。

このように、英語というのはプラスアルファとして考えるのがベストですね。

ただ、別件として、英語ができると海外での看護師免許を取得して海外で看護師として働くことができるかもしれません。

実際に高収入になるかどうかは分かりませんが、体感年収が高い働き方として、オーストラリアで永住権を取り、看護師として仕事をしている看護師もいます。

看護師 高収入に英語はあった方がいいのか?

看護師の高収入に英語はあった方が良いのでしょうか?ないよりはあった方が良いとなりますが、特に勉強しておかなくてはいけないというわけではありません。

ただ、海外の医療などにも興味があるのであれば、英語が書けて読める能力はあった方が良いですね。

実際、英語の必要性というのはこれくらいです。英語が話せるからといって、仕事の枠が広がるというケースは少ないですし、高収入になるケースも少ないです。

英語を高収入の道具として考えるよりは、英語を楽しんで活かせる職場を探す方が賢明ですね。

英語を少しでも活かそうと思えば、そういった仕事はたくさんあります。英語を活かして仕事をすることで、高収入にならなくても満足感を得ることができ、体感年収も上がるかもしれません。

看護師の高収入 英語を利用してちょっとでも近づける職場は?

看護師の高収入を英語を利用してちょっとでも近づけるためには、どういった職場があるのでしょうか?

まず、身近なところで言うと、外国人の患者様が多い病院やクリニックでの勤務ですね。

これは案外重宝されます。英語が全く話せない看護師も多いので、対応できる看護師がいるだけで安心できます。

そうなると、職場内で頼られることになり、重要なポジションに就くことができるかもしれません。間接的ではありますが、これも高収入に繋がる道です。

他にも基本的には外国人を相手にする可能性が高い職場では、英語が話せるということはプラスになります。

英語は看護師のスキルとは全く関係のないもので、プラスアルファの能力であるとしかいいようがないものです。

そして、英語ができればいくら収入がアップといったような規定も、まずないでしょう。ということは、英語で高収入になることを期待してはいけません。

期待することなく英語を話せることを楽しめる職場を探す、という感覚が良いですね。しかし、問題なのはそういった職場をどうやって探すかです。

看護師転職支援サイトでは、英語が話せる看護師だと嬉しいな、と感じている医療機関との付き合いもあったりします。

また、外国人が多く住んでいる地域の病院に問い合わせてくれることもあります。

非常に心強い味方になってくれると思いますよ。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ