看護師の高収入 産婦人科だと助産師の免許が必須?

看護師の高収入 産婦人科だとどうなのでしょうか?産婦人科は看護師ができる業務が限られており、最近では助産師の資格がないとなかなか高収入で採用はしてもらえなくなっています。

看護師 高収入の産婦人科は数多くあるが・・・

看護師 高収入の産婦人科は数多くありますが、よくよく中身を見てみるとそれは助産師の求人だった、というケースは結構ありますよね。

助産師は看護師が助産行為を行うために必要な資格で、この資格があるかどうかで、給料が全く違ってきます。

具体的な数字を出すと、助産師の資格があると、月給で40万というのも可能性が出てきます。もちろん、夜勤も月4回含めてですが。

ただ、これが看護師の資格のみとなると、一般の看護師とそれ程変わらない給料か、もしくは少し下がってしまうこともあります。大体月給で30万程度でしょうか。

つまり、10万円くらいの月給の違いが生じてきます。この10万円という月給の違いが、いかに助産師を求めているかということが分かるものになっています。

産婦人科で最も必要なのは、分娩行為になってきます。助産師の資格があれば、通常分娩であれば助産師のみでも行うことができます。

つまり、医師の代わりが出来るのです。これは産婦人科にとっては非常に大きなことですよね。

これが看護師はできないとなると、それだけの給料の差があっても、全く問題はありません。

よって産婦人科の場合は、イメージ的には看護師と准看護師の関係がそのままスライドして、助産師と看護師の関係になっているようなものです。

そして、採用する側も同じような認識です。産婦人科で看護師を採用するのは、助産行為以外を行うスタッフはコスト削減のため、ということですね。

クリニックで准看護師を採用するのと似ている発想です。

看護師 高収入を産婦人科でとなると助産師の資格は避けられないが・・・

看護師が高収入を産婦人科でとなると、助産師の資格は避けられません。しかし、だからといってすぐに助産師の資格を取った方が良いのかというと、そこは考えものです。

というのは、産婦人科を希望する看護師の中には、あまり産婦人科を分かっていないケースも多いです。

どういった業務を行うか、もしくは自分がその仕事が本当にしたいのか、ということがやってみないと分からないのです。

また、看護師が産婦人科の業務で行いたくないというケースで多いのが、堕胎です。

ただ、多くの産婦人科で行っていることですので、これを拒否すると選択肢がかなり狭くなります。

もちろん、産婦人科を希望して、実際に産婦人科が天職という看護師もいます。そういった看護師は、そう分かってから助産師の資格を取得すれば良いのです。

助産師の学校に行くのはお金もかかりますし、そんなに簡単に受かるものでもありません。

本当にしたいとならないと、なかなか投資できないものです。

看護師の高収入 産婦人科で助産師であれば体感年収も高い?

看護師の高収入 産婦人科であれば体感年収も高くなります。というのも、先程述べたように月給40万以上になることもあるためです。

この金額は、急性期病院の中でも、相当バタバタしている病院で、残業も多いところで達成するかどうかの金額です。

それを産婦人科で助産師として普通に働くと達成できるのです。この場合には、それ程残業もなく、夜勤回数も月に4~5回程度です。

もちろん、休日もしっかりと取れますので、助産師からすると条件面で申し分がないというケースは多いでしょう。

近年では産婦人科医不足が顕著になっており、産婦人科の標榜を下げるところも増えてきています。

もちろん、医師がいなくても良いわけではありませんが、助産師がいることで、医師の負担は軽減されることも多いです。

これが助産師が高収入になる大きな理由の1つです。

産婦人科の求人は、看護師転職支援サイトで多く取り扱っています。産婦人科の求人も、条件面でのバラつきが多いので、良く内容を確認して面接に臨んだ方が良いですね。

給料面もそうですが、分娩スタイルなども産婦人科によって異なってきますので、どういった考えの産婦人科か、なども転職コンサルタントに確認しましょう。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ