看護師 高収入のアルバイトを組み合わせる働き方

看護師の高収入のアルバイトを組み合わせて生活するという働き方があります。この働き方は、実は看護師に適しているものと言えます。その理由は色々とありますので、説明していきます。

看護師 高収入のアルバイトを組み合わせるとゆとりができる?

看護師の高収入のアルバイトというと、いろいろと思いつくものがありますよね。夜勤アルバイト、1件いくらの訪問看護、短時間で稼げる検診などが思いつきます。

ここでアルバイトを組み合わせるというのは、自分なりの働きやすい形をつくって、プライベートを充実させながら働きましょう、ということです。

年収で言うと正社員よりは下がってしまうかもしれませんし、安定や保障もありません。時給制や日給制ですので、仕事を休んでしまうと給料が発生しないというのもあります。

しかし、そういったネガティブな要素を加味しても、高収入のアルバイトを組み合わせて働くのは魅力的なのです。

年収でも正社員よりは下がるといっても、年収400万以上は大丈夫でしょう。賞与がなくてこの金額であれば、逆に高収入のアルバイトの方が高いんじゃないの?となります。

しかし、例えば夜勤アルバイトであれば、夜勤の回数が安定しないというデメリットがあります。これは夜勤アルバイトの役割は、正社員で夜勤が埋まらない時の穴埋め要員だからです。

ということは、正社員の看護師で夜勤が埋まれば、夜勤アルバイトの夜勤回数は少なくなってしまいます。

こういったリスクを回避するために、組み合わせることを推奨しているのです。複数を組み合わせれば、どこかが少なくなっても、他で補うことが出来るためです。

大体3箇所くらいですね、組み合わせるのは。そして、各々のスケジュール管理が上手くできるようになった時に、体感年収が高いと感じるようになります。

看護師 高収入のアルバイトは日勤か夜勤かに絞れ

看護師の高収入のアルバイトは、日勤でも夜勤でも存在します。上記での例に挙げましたが、日勤だと1件いくらの訪問看護や検診、他にも内視鏡やオペ室などもあります。

ようは専門的なスキルが必要な職場ということです。そして夜勤は病棟か救急外来ですね。

これらをいろいろと組み合わせて生活をするのですが、日勤であれば日勤、夜勤であれば夜勤に絞るのがベストです。

というのも、看護師の仕事で最もきついことの1つに、生活リズムの乱れがあります。言い方を変えると、生活リズムが一定であれば、それ程しんどくないケースも多いのです。

生活リズムが一定と考えるのであれば、別に夜勤専従でも構いませんよね。夜勤だけしていても生活リズムは一定になりますので。

この生活リズムを整えることも、実際の年収よりも高く感じる体感年収が高い、という状態に導いてくれます。

看護師 高収入のアルバイトで生活するのは期限を決めよう

看護師の高収入のアルバイトで生活するのは、居心地が良いものになっていくケースがあります。つまり、ずっとこうしていたいな、と思うことがあるのです。

しかし、一生涯看護師として仕事をし、生計を立てていく必要がある看護師であれば、どこかのタイミングで正社員に切り替える必要があります。

というのも、最初に述べたように、高収入のアルバイトで生活するのは保障がないということだからです。

最も困るのが退職金がないことと、年金なども国民年金を自分で払う形になっていることです。これが正社員であると、退職金も一定期間の勤務後発生しますし、厚生年金になります。

これだけでも将来の不安は大分なくなるんですよね。また、いろんな職場に適応する適応力も年々衰えてきます。

これは仕方ないことです。つまり、仕事を転々とするのが難しくなるのです。大体40代からはそうなりますね。

こういったことを踏まえて、30代の後半にはきちんと正社員として仕事をする形にすると良いですね。

その時に看護師転職支援サイトを活用し、希望する正社員像を転職コンサルタントに伝えると良いです。

その希望に一致した求人があるかどうか、またあった時にはどんな職場なのかを教えてくれます。正社員から一定期間離れると情勢が変わっていますので、こういったサービスを有効に活用しましょう。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ