看護師の高収入 デイサービスは程遠いものがあるが…

看護師の高収入 デイサービスはどうなのでしょうか?基本的には該当しない職場といった感じで思われている方が多いと思います。確かに金額だけを見ればそうですが、いろいろな角度から検証したいと思います。

看護師の高収入 デイサービスではまず求めない

看護師の高収入をデイサービスで求めるケースはあるのでしょうか?まずはそういった話になります。

つまり、高収入をデイサービスで求めようとする看護師自体がほとんどいないということです。

これは、もちろん高収入であればそれに越したことはないですが、デイサービスで高収入は無理だろう、という考えがあるためです。

確かにデイサービスは、看護師が高収入になる条件を何も満たしていません。まず、夜勤がなく次に残業がほとんどない、そしてバタバタしない、という感じです。

まさに看護師にとって、高収入の条件から外れている職場と言えるでしょう。

しかし、言い方を変えると、こういった看護師の仕事がきついと言われる要素とも言えるものが、全てないのです。

つまり、高収入ではないが高収入と感じることはできるかもしれません。こういった仕事内容なのに、こんなにも給料がある、ということですね。

デイサービスでもいろいろな給与体系があります。その中で、一般的には高収入ではないが、デイサービスであれば高収入と言えるラインはどの辺でしょうか?

そのラインが体感年収が高いと思える境界線になります。

看護師の高収入 デイサービス限定年収で考える

看護師の高収入をデイサービス限定年収で考えてみたいと思います。

上記で説明したとおり、デイサービスで看護師が高収入と言える年収は難しいため、体感年収が高いと思えるデイサービス限定ラインを設定しました。

その金額はズバリ年収350万です。地域によって違いはありますので、日勤のみで病院の病棟で働く看護師が年収400万の地域での話とします。

つまり、日勤のみで病院の病棟で働く看護師よりも、年収が50万下がる程度であれば、体感年収は高いということです。

この年収50万の差の中に、残業時間やバタバタ感の違い、医療行為の有無などが含まれています。夜勤はもともと外して考えました。

もちろん、金額的にいくら以上はないと生活が困るということもあると思いますが、バランスを考えると、デイサービスは大変優れた職場と言えます。

問題となるのは2点で、その1つが年収の金額、そしてもう1つが医療行為がなく看護師として仕事をしている感じがしないことです。

デイサービスはママさんナースが希望することも多いのですが、物足りないと感じる方も多いです。また、将来的に病院に戻ることを考えると、不安に感じることもあるようです。

それは、医療行為がないため、デイサービスでの勤務期間がブランクと一緒になってしまうことです。

よって、最も希望している看護師が満足して勤務しているケースとして、ブランクが10年以上あり、もう病院勤務は考えていない50代の看護師です。

こういった看護師は、病院で勤務したいという考えはあまりなく、無理せず楽しく仕事がしたいという希望になっています。

この希望であれば、デイサービスは完全に一致しています。体感年収も高く感じることでしょう。

看護師が高収入のデイサービスを探すには

看護師が高収入のデイサービスというのは、年収で350万以上が1つのラインになると述べました。

このラインになるデイサービスはどうやって探したらいいのでしょうか?手段としては求人広告で探したり、看護師転職支援サイトで探したりすることができます。

ただ、高収入のデイサービスを探すのであれば、看護師転職支援サイトを活用する方が確かかもしれません。

求人広告では、そもそも正社員を求人しているのかどうなのかが、分からないようなものも多いです。デイサービスはパート求人の方が多い傾向にありますので。

例えば、パートの求人の詳細が書いてあり、正社員は応相談、となっていたり、同時募集中となっていたりします。

ただ、これだと高収入になっているかどうかが全く分かりませんよね。

ある程度の求人情報を知った上で面接に臨むために、看護師転職支援サイトの活用をお勧めします。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ