看護師の高収入 専門看護師は最高に体感年収が高い?

看護師の高収入は専門看護師の資格を取得することで、ほぼ達成できたといっても過言ではありません。それくらい、専門看護師の資格は、看護師にとって難しいもので、病院からすると貴重なものなのです。

看護師の高収入 専門看護師になれば間違いない?

看護師の高収入は専門看護師の資格を取得すれば、間違いないと言えます。それだけ貴重な資格で、尚且つ難しい資格なのです。

まず、取得までの流れですが、特定分野の経験を一定期間行った上で、大学院を卒業することが必要になります。

そしてその後研修を受けて専門看護師になることができます。

さらっと書きましたが、実はこの大学院というのが大変ハードルが高いものになっています。

大学院だけなら2年間で卒業できますが、大学院に行くためには、四年生大学を卒業していることが必要になります。

ということは、最大6年も学校に通う必要があるケースがあるのです。3回生に編入できたとしても4年間、長いですよね。

よほど勉強熱心でないと、こういった道に進もうと考えることはないでしょう。なので専門看護師は貴重と言えるのです。

専門看護師が高収入になるのは、こういった資格を取得するための背景がありますが、もちろんそれだけではありません。

病院で採用された時の役割も、看護部長と同等のポジションに就くケースが多いです。

例えば精神科の専門看護師であれば、精神科看護のマニュアル作成や教育などを専門看護師が行っていきます。

そして、院内全体で行うことができているかどうかを、見回ります。つまり、看護部長や副看護部長が、忙しい業務の合間をぬって行っていた業務を行います。

当然ながら、看護の質は向上しますので、病院としてもメリットが高い資格になります。

そして、それだけ勉強していることが資格によって証明されるので、採用してみて知識がなかった、ということがないのも魅力的なのです。

看護師の高収入 専門看護師を欲している病院は多い?

看護師の高収入 専門看護師を欲している病院は案外多くあります。専門看護師がいることで、病院のブランド価値が高くなるためです。

また、専門看護師がいる病院として、看護師の採用にも大きな影響をもたらす可能性があります。

どういうことかというと、新卒の看護師からしても、専門看護師がいる病院というのは安心なのです。専門看護師がいる病院=良い病院という構図が成り立っています。

実際はあまり関係ないところはありますが、それでも病院の姿勢はやはり評価されるものです。

このように、専門看護師を採用することで看護の質が上がるというメリット以外にも、看護師の採用もしやすくなるというメリットもあります。

当然ながら、採用した看護師が辞めにくくなる、という効果も期待できるでしょう。

専門看護師を採用すると、それだけ人件費はかかりますが、病院からしてもメリットが高いため、採用したいと思っているのです。

看護師の高収入 専門看護師として働く場所

看護師の高収入は専門看護師で達成できるわけですが、どういった職場で勤務するかというのは、かなり重要になってきます。

出来るだけ、大学病院や公立病院などで勤務することが好ましいと言えますね。

というのも、専門看護師の知識を、民間の病院では活かすことができないケースが多いためです。

やはり、一般の看護師も勉強熱心であることが大切です。民間の病院よりは、大学病院や公立病院の方が勉強熱心な看護師は実際多いです。

また、提案しても対応できるハード面が必要です。それがあるのも大学病院や公立病院と言えるでしょう。

このように専門看護師も高収入だから勤務するというのではなく、体感年収が高くなる病院で勤務することが大切です。

そういった病院を探すには、慎重に情報を収集していくことが必要ですね。

看護師転職支援サイトを活用すると、病院の仕組みや強みなどの情報を数多く得ることができます。

そして、専門看護師を欲しているかどうか、またどういったことをしてほしいと思っているかなども、事前に確認することができます。

専門看護師は多くの情報をもとに選択することが大切ですので、看護師転職支援サイトを有効に活用しましょう。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ