看護師の高収入 理由を突き詰めていく

看護師の高収入の理由を突き詰めていくと、どういった状況の職場が高収入になるというのが分かりますよね。また、高収入であっても労働に全く見合っていない、体感年収が低いという状態になることもあります。

看護師の高収入 理由を知るとぞっとする?

看護師が高収入の理由を知りたい、という求人がたまにあったりしますよね。こんなに休みが多いのになぜ高収入なのか、などは典型的な例です。

確かに休みが多い求人は給料が安いイメージがあるかもしれません。しかし、実際には休みと高収入はほとんど関係ないのです。

休みが多いかどうかというのは、勤務先の考え方、もしくは休みを多くできるシステムを構築、更には人材確保が出来ているかどうかにかかっています。

その中で、人件費を削ってということで、休みが少なくなっているのであれば、それは確かに給料が安い職場とリンクするかもしれません。

しかし、実際として最も多いのは人材の確保ができないことです。人材の確保ができていないと、休みがどうしても少なくなってしまいます。

こうやって考えていくと、高収入の理由ってなんなのでしょうか?ますます分からなくなった、という方もいるでしょう。

1つ目は、利益がきちんと出ている病院で、尚且つ従業員を大切にする職場です。

2つ目は、看護師が集まらないので、高収入にして集めている職場です。

3つ目は、高収入にしておけば離職しないだろうと思っている職場です。

1つ目に関しては本当の意味での高収入と言えます。こういった職場は仕事も充実し、人間関係も良い働きやすい職場であるケースが多いです。

そして、休みも多いことが多く、体感年収も高くなります。

2つ目と3つ目は、言い方が悪いですが、お金でつっている状態です。

言い方を変えると、お金さえ出していれば問題ないはずだ、と考えているため、福利厚生や休みなどは条件が悪いです。

高いお金を払っているんだから働かせろ、という感じですね。

看護師 高収入の理由を知った上でどうするか?

看護師が高収入の理由を知った上でどうするか、というのが次のステップです。当然ですが、上記の1つ目の職場を探すのが一番ですよね。

しかし、実際の話として、数は少なくなっています。どういった条件の数が少ないのかというと、実は利益が出ている職場が少ないという状況です。

高収入で従業員を大事にしている職場を探そう、となりましたが、大前提の高収入の源となる利益が出ていないのです。

これが今の日本の医療の一番の問題点でしょうね。銀行は病院にはどんどんお金を貸しますので、負債は膨れ上がります。

その結果として、最近では病院の倒産も普通に出てきています。となると、まず看護師がしないといけないのは、病院の経営状況の把握ということになります。

看護師 高収入の理由をわがままに突き詰めろ

看護師の高収入の理由は上記で述べてきました。そして、対策としても結局一番大切なのは、まずは病院の経営状況を把握するということになりました。

これは、それ程難しいことではありません。最も単純なのは、賞与の推移を5年間くらい調べれば良いだけです。

5年間の間で半分位になっていると危険ですね。また、減っている傾向にある場合は、高収入を求めることは難しいかもしれません。

そして、看護師は高収入だけでなく従業員を大切にしている職場で働きたい、ということを述べました。これは追求していきましょう。

高収入だけでは本当の意味での高収入とは言えません。高収入と感じるためには、給料以外にも従業員として大切にしてもらえていると感じることが必要です。

そういった職場を探すのは至難の業ですが、看護師転職支援サイトを利用すると、可能性は高くなります。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントは、毎月多くの医療機関に出入りをし、条件面から経営面、そして考え方まで確認しています。

そういった情報を活用しない手はないですね。もちろん、自分自身に合っていることが大切ですので、情報を精査する必要はありますが、きっと良い情報が見つかるでしょう。

高収入で従業員を大切にする職場を探すには、数ヶ月間の時間を費やす覚悟を持つくらいの気持ちが必要です。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ