看護師が高収入の企業としてイメージしているもの

看護師が高収入の企業としてイメージしているものは、年収500万以上、土日祝休み、9時~17時の仕事。ズバリこういった形です。そして、そういったイメージにより近いものを選択していきます。ただ、最終的にかなりの妥協がありますね。

看護師が高収入を企業に求める時の気持ち

看護師が高収入を企業に求めて転職する場合、どういった気持ちなのでしょうか?正直、企業に求めている条件は、病院ではありえないようなものです。

大方のラインですが、年収500万以上、土日祝休み、9時~17時の勤務といった感じです。ここに残業が少なくて福利厚生充実、というのも加わったりします。

この条件を客観的に見ると、そんな職場はないよな、と思ってしまいます。看護師も当然病院では無理だという感じで思っています。

ということは、逆を言うと企業なら大丈夫かもしれないという期待感が強いと言えます。

企業で働くのは難しいこと、その難しいことに挑戦し、現実にすることができれば、ものすごい高待遇が待っている、そういったイメージでしょうね。

しかし、現実問題で言うと、企業で勤務できたからといって、高待遇になるわけではありません。

病院などの方が優れている面もあれば、企業の方が優れている面もあります。簡単に言うと安定性では病院ですが、評価してもらいやすいのは企業ですね。

看護師が企業で高収入を求める時の気持ちの中に、病院での高収入の諦めがあります。病院を諦めて企業に活路を見出したいのです。

年収500万以上と書きましたが、実際には年収450万くらいを目安として考えています。

そして、条件面を全て含めて体感年収が高いと思える職場を求め、企業を希望しています。

看護師の高収入 企業での選択肢はどういったもの?

看護師の高収入は企業ではどういったところが選択肢として挙がってくるのでしょうか?

まず、看護師が最もイメージしているのが、企業内看護師です。これは、企業内で体調不良や怪我があった時の応急処置や、メンタルヘルス的な対応などもあります。

工場などを持っている企業で多く採用しています。

本来保健師の資格が必要と思われがちですが、企業内看護師は、企業内で看護師としての業務をこなしますので、保健師の資格は必要ありません。

ただ、持っている方が採用されやすくはなりますが。保健師としての仕事と看護師としての仕事を兼務できますので。

ただ、企業内看護師は求人が少ないのと、契約社員としての採用になるケースが多いのがネックですね。

契約社員ということは1年ごとの更新になりますので、1年で契約終了になることも当然あります。

他には治験コーディネーターや健康相談のコールセンタースタッフなども候補として挙がります。

ただ、どの求人も高収入とは言いにくい状況にはあります。年収はどれも400万台前半が多いですね。

治験コーディネーターは年収300万台も少なくありません。

看護師の高収入は企業だと結局はどうなの?

看護師の高収入は企業だと結局のところどうなのでしょうか?

体感年収として挙げると、企業内看護師が最も高くなりますね。残業はほとんどありませんし、土日祝が休みになっているケースも多いです。

年収だけが400万前半くらいと、高収入の金額には至っていないかもしれないという程度です。

ただ、企業内看護師の場合は、年収が高収入かどうかというよりは、契約社員ということの方が実際は気になります。

毎年次の更新があるかどうかの不安を感じること自体が、結構なストレスになるためです。

こうやって考えていくと、企業で働くことができても、なかなか希望するようには行かないということが分かります。

しかし、看護師転職支援サイトには、いろいろな企業求人もあります。その中には好条件のものも存在している可能性があります。

一番良いのは、自分の希望する企業求人が出てきた時に、連絡をもらうことですね。

企業で高収入の求人は、人気が非常に高く、すぐに応募が殺到してしまう傾向があります。

どちらにしても競争があることは覚悟しないといけませんが、いち早く応募することで、採用される可能性が少しは高くなるかもしれません。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ