看護師の高収入 離島で期間を決めて働くのはどうか?

看護師の高収入 離島で働くという手段があります。ただ、ずっと離島で働きたいかというと、それは難しいですよね。それに、離島での生活に慣れるかどうかも不安だと思います。期間を定めて働けると良いかもしれません。

看護師の高収入 離島も候補の1つです

看護師の高収入 離島も候補の1つとして考えられます。離島で高収入になる理由は単純です。

それは看護師不足が深刻だからです。看護師不足が深刻なために、高収入にするからきて欲しい、といったことになるのです。

よって、仕事内容としてしんどいから高収入というわけではありません。逆に急患などがほとんどなく、比較的穏やかな病院も多いです。

そういった病院で勤務できれば、体感年収は非常に高くなりますよね。

しかし、離島で勤務する上でいくつか問題点があります。

まず挙がってくるのが、看護師不足が深刻ということで、休むことができないような状態になっている可能性があることです。

いくら仕事自体が大変でなくても、休みが取れないとなると、体感年収はぐっと下がります。高収入であるメリットもなくなってきます。

そして、もう1つが離島での生活に慣れるかどうかです。特に都心部から離島での仕事に応募した場合、これが大きな問題になるかもしれません。

休日の過ごし方に困ってしまうのです。仕事がない時はリフレッシュすることが必要です。そのリフレッシュできるものがないかもしれません。

海や山が好きなアウトドア派の看護師であれば、楽しむことが出来ると思いますが、そうでない場合に、苦痛に感じるかもしれませんね。

看護師の高収入 離島で考える時に重要なこと

看護師の高収入を離島で考える時に、重要なことがいくつかあります。その中でも最も重要なのが、期間を定めて仕事をすることです。

というのも、期間を定めずに勤務をすると、勤務先からの強い引き止めを受ける可能性があります。

はっきりとノーと言える性格であればいいですが、そうでない場合にズルズルと長い期間勤務してしまうケースもあります。

悪いことではないですが、望んでいない勤務を続けるのは、相当なストレスを感じてしまい、体感年収も下がります。

そうならないために、期間を最初に定めて勤務することが大切なのです。最も良い方法は、離島ナースなどのパッケージを利用することですね。

パッケージを利用すると、パッケージを提供してくれる人材紹介会社が、間に入ってくれて調整をしてくれますので、安心して勤務することができます。

大体こういったパッケージは半年くらいが多いですね。そして、もう少し勤務してもいいかな、と感じた時は、また半年の期間延長をするのです。

こうやって様子を見ながら勤務をすることで、無理なく仕事を行っていくことができます。

看護師 高収入の 離島の求人を探すためには?

看護師の高収入の離島求人を探すのは、上記のような離島ナースなどのパッケージを利用すると早いと伝えましたが、実は誰でもが応募できるシステムではありません。

いくら看護師不足が顕著であっても、戦力になるかどうか分からない経験の看護師を、高収入で採用はできないとなってしまいます。

また、間に入っている人材紹介会社も、即戦力を案内する代わりに高収入を、という交渉をしていますので、即戦力にならない可能性がある看護師は案内できません。

大体の目安が経験3年ですね。では、経験3年にならないと、離島ナースは難しいのでしょうか?

難しいことには違いないですが、長期的に勤務する予定という話であれば、変わってきます。

つまり、一般の求人に応募するという形ですね、もしくは看護師転職支援サイトのパッケージではない通常の求人ですね。

離島では、一生涯とまでは言いませんが、長く勤務してくれる看護師を望んでいます。勤務期間の目安は3年ですね。

3年以上勤務できるのであれば、パーッケージ以外から離島の求人に応募するのも良いのではないでしょうか?

その時に、収入面や寮などのことに関しては、看護師転職支援サイトを活用していれば、転職コンサルタントが交渉してくれます。

離島で勤務する場合でも、いろいろと選択肢がありますので、慎重に選択するようにしましょう。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ