看護師の高収入 ICU・CCUならどこでもというわけではない

看護師の高収入 ICU・CCUならどこでもそうなっているというわけではありません。というのも、病院の規模によっていろいろと違いがあるためです。実はなんちゃってICUなどもありますから。

看護師の高収入 ICU・CCUだから達成できるとは限らない

看護師の高収入 ICU・CCUだから達成できると考えていると、ちょっと違っていたということになる可能性があります。

というのも、ICU・CCUは集中治療室、心臓疾患の集中治療室となりますが、特に集中治療室であるICUはいろいろな用途で利用されていることがあるためです。

ICU・CCUには要件があり、その要件を満たした上で国に申請を出せば正式に認められ、診療報酬の加算もあります。

ここでちょっと覚えておいて欲しいのが要件を満たしていなくても、対内的にはICU・CCUと呼んでも問題ありません。場合によってはホームページに記載があることもあります。

認可制にしているのは、要件を満たさないとICU・CCUの診療報酬加算は出さないよ、となっているだけの話なのです。

言い方を変えると、ICU・CCUの認可がない方がいろんな用途に使えて便利とも言えますよね。

例えばリカバリー室であったり、夜間入院時の一時入院室であったり、いろいろな利用目的で使えます。

ということで、ICU・CCUが特に必要でない病院は、院内ではICU・CCUと呼んでいるが実際には認可を取っていない、なんちゃってICU・CCUがあるところもあるのです。

しかも、その数が結構多いんですよね。もちろん大学病院や公立病院ではありませんが、民間病院の中規模な急性期病院であれば、結構そういったパターンが多いです。

そして、高収入かというと通常のICU・CCUと比べると、やはり落ちてしまうということになります。

これがICU・CCUで勤務すれば高収入になるとは言えない、という部分のカラクリです。

看護師 高収入のICU・CCUはどんなとこ?

看護師 高収入のICU・CCUはどういったところになるのでしょうか?それはやはり大学病院や公立病院ですね。

なんちゃってICU・CCUとは、正直設備が全く違います。ICU・CCUの中に入るだけで、緊張感が伝わってきます。

モニター等があちらこちらにあって、全てを逐一監視している状態です。ICU・CCUの役割の1つに、24時間体制で監視することがありますので、万全の体制をとっています。

こういった職場では、年収は550万以上というのも珍しくありません。ただ、10年くらいのキャリアを積んでの話ですが。

しかし、高収入になったとしても、体感年収が高いということはほとんどありません。

通常はどれだけ忙しくても、やりがいがあれば体感年収が高い、となりがちです。

しかし、ICU・CCUはそれでも高収入と感じないくらい、精神的にきつい職場で勤務しています。いくらでも貰い過ぎ、とは感じないのではないでしょうか。

看護師 高収入をICU・CCUに求めない

看護師が高収入をICU・CCUに求めなければ、就職先は多く存在します。また、ICU・CCU未経験者であれば、あまり高収入を求めない方が良いかもしれません。

例えば、民間のリカバリー室的な利用方法をしているICUで勤務し、緊急時の対応に慣れた上で、本格的なICU・CCUで勤務するのも1つの方法です。

ただ、ICU・CCUはやはり年齢的なものはあります。できる限り20代でないと、なかなか採用してもらえない傾向があります。

よって、ICU・CCUで勤務したいのであれば、1回目、もしくは2回目の転職で希望するようにしましょう。

ICU・CCUは認可を受けているかどうかなど、いろいろと事前に得ておいた方が良い情報が多くあります。

しかし、ホームページにわざわざICUの認可を受けていないと書いてあるケースは少ないです。

こういった情報を得るためには、看護師転職支援サイトを活用すると良いですね。

看護師転職支援サイトを活用する中で、どういったICU・CCUが良いかのアドバイスも、転職コンサルタントからしてもらえることもありますし、心強い味方になりますよ。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ