看護師は高収入をがん治療専門クリニックで得やすいもの?

看護師は高収入をがん治療専門クリニックで得やすいのでしょうか?実際に高収入になっているケースもありますが、全てのクリニックでそうではありません。

看護師と高収入 がん治療専門クリニックの場合はどうなの?

看護師と高収入をがん治療専門クリニックで考えると、やはり専門性が高い分、繋がりが強いと言えます。

そして、高度な知識や対応力も必要になってきます。がん治療専門クリニックに通う患者様は、末期の方も多く、自宅で過ごす時間を長くすることが目的の1つになります。

ということは、患者様のメンタル的な部分でのサポートも必要になってきます。

そういったことは、経験豊富な看護師にしかなかなかできませんので、がん患者様に対する対応経験が多いことも大切になってきます。

こういったことがあって初めて、高収入を手に入れることが出来るのです。

よって、仮に収入面として高収入であったとしても、やりがいを感じられなければ、仕事内容と照らし合わせると高収入に見えない、というケースは少なくないでしょう。

他の業務に関しても、例えば採血1つにしても、がんを患っている患者様の血管は脆く、行い難いケースが多いです。

それでも失敗なく対応できる技術が必要になってきます。つまり、仕事内容がハードというよりは、仕事1つ1つの難易度が高いと言えます。

この難易度の高さが、看護師としてやりがいを感じることに繋がっているケースが多いです。

そして、それが体感年収の高さに繋がります。

看護師の高収入はがん治療専門クリニックであれば必ずとは言えない

看護師の高収入はがん治療専門クリニックであれば達成しやすいという認識があるかもしれません。

しかし、実際の問題として、がん治療専門クリニックは自由診療の分野ですので、収益が大切になります。

がん治療専門クリニック自体が近年注目を集めるようになっていますが、言い方を変えると、近年出来上がったクリニックが多いのです。

つまり、経営状況が安定していないところもまだまだ多いのです。

実際の月給に関しては、ある程度は高収入にはなりますが、賞与に関してはこの収益がどうなっているかで、大きく異なってきます。

更には、患者様の数によっては正社員の雇用を積極的に行っていないケースもあります。

仕事内容としては難しい責任の重い内容になっていますが、パートとして対応している看護師も少なくないのです。

自由診療のクリニックは、患者様の数によって、結構シビアに従業員の待遇面が変わっていきます。

これが、一般の病院やクリニックとの違いですね。

看護師が高収入をがん治療専門クリニックで求めるには

看護師が高収入をがん治療専門クリニックで求めるためには、どういった経験やスキルを持っていると良いのでしょうか?

まず大切なのは、やはり採血・点滴・注射の技術に関して、普通ではなくて得意であることが大切です。

なかなか針を刺しにくい血管の患者様が多いということを認識し、それでも問題なくできるという看護師でないと、実際には仕事ができません。

そして、やはりがん患者様に対応した経験が大切です。できれば、緩和ケアなどの経験があると尚可ですね。

がん治療専門クリニックでは、ある程度がんに対して受け入れることが出来ている患者様が多いです。

しかし、いくら受け入れることができていても、完璧にというわけにはいきません。どうしても、ふと気弱になってしまうこと、精神的に乱れることがあります。

そういった場面でも冷静に対応できることが大切です。これは、人間性というよりは経験による部分が大きいですね。

よって、がん患者様に対するケアをどれだけ経験してきたかで、高収入を得ることが出来るかどうかも決まってきます。

ただ、どちらにしてもがん治療専門クリニックの求人自体はあまり多くありません。求人があったとしてもパートのみというケースも多いです。

がん治療専門クリニックを目指したい看護師は、タイミングを見計らって転職することが大切です。

看護師転職支援サイトを活用することで、がん治療専門クリニックの情報を常ににキャッチすることができ、タイミングよく転職することができますよ。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ