看護師の高収入 ブランクがある時は表面上出さないこと

看護師の高収入 ブランクがある時には表面上は求めていないように振舞うと良いです。ブランクがあるから高収入は無理、というわけではないですが、少し謙虚な姿勢の方が高収入に繋がります。

看護師の高収入 ブランクは一定年数は関係ない

看護師の高収入にブランクがあるかどうかというのは、一定年数までは関係ありません。

この一定年数というのが難しいのですが、看護師経験年数≫ブランク(5年未満)というのが一般的です。

つまり、まず大前提はブランク期間は5年未満ということです。これは医療業界の移り変わりのスピードを指しています。

5年間医療の現場から離れてしまうと、医療機器などが変わってしまっていて、以前とは勝手が違うと感じることがあります。

これがいわゆるブランクの影響です。つまり、5年以上のブランクがある時には、ブランクの影響をダイレクトに感じることが多いということです。

自分自身が影響を感じる中で、高収入を目指すのは少し無理があります。

そして、もう1つは看護師の経験年数の方がブランク年数よりも多いことです。これは、必ずしもこうでなくてはならないというわけではありませんが、採用担当者の印象の問題です。

例えば、看護師の経験が5年あり、ブランクが3年であればブランクの影響なんてほとんどないだろう、と採用担当者は考えます。

しかし、看護師の経験が2年でブランクが4年となると、仕事を思い出すのに時間がかかりそう、すぐには慣れないだろう、という印象を持ちます。

この印象が高収入になるかどうかの境界線になります。単刀直入に言うと、即戦力にならないと思う看護師に高収入は出さないということです。

こうやって述べると、ごく当たり前のことですね。

看護師の高収入 ブランクがある時はより一層謙虚に

看護師の高収入はブランクがある時ほど謙虚になることが大切です。

ブランクがあるのに、これだけの年収が欲しいと、高収入に繋がる要求をしていると、ややこしい看護師に見られてしまう可能性があります。

そうなると、高収入にならないだけでなく、採用自体もしてもらえない可能性が出てきます。

看護師不足の職場は多いですが、いくら不足していても、すぐに退職しそう、和を乱しそうという看護師の採用は控えます。

マイナスになってしまう可能性が高いためです。

逆に、上記で示したように、ある程度の経験があって、その経験年数よりもブランクが少ない看護師が、「こういった経験をしていましたが、何年のブランクがあるため、やってみないと分かりません。」というと、「大丈夫、問題なく出来る。」という採用担当者の答えが返ってくることが多いです。

面接官が看護部長の場合は特にそういった傾向があります。

このやりとりがあると、ブランクの有無よりも仕事が出来るという印象になるため、高収入を提示してもらえる可能性が高くなります。

また、ブランクがある看護師で高収入を期待していないケースでは、体感年収が高いと感じやすいです。

それは期待値よりも高い年収になっているためです。

看護師の高収入 ブランクがある看護師の職場

看護師の高収入 ブランクがある看護師の職場には、どういったところがあるのでしょうか?

ブランクからの復帰だけを考えれば、老人ホームやデイサービスなども候補に入りますが、高収入を考えていくのであれば、復職支援を行っている病院が良いでしょう。

復職支援を行っている病院では、ブランクがある看護師に対して職場全体で理解がありますので、分からない仕事を聞きやすい雰囲気があります。

そして、聞くことで仕事に慣れるのが早くなります。その結果、他の看護師と同じように仕事ができるようになるペースが早く、それが高収入に繋がります。

復職支援を行っている病院は、最近では増えている傾向にありますが、実際にどれだけの看護師に対して行ってきているかという点が重要になります。

いくら復職支援があっても、利用している看護師がほとんどいないという場合は、行っていないのと一緒です。

こういった情報は看護師転職支援サイトにありますので、復職支援を行っている病院を探す場合は、問い合わせてみると良いですね。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ