看護師の高収入 精神科は狙いやすい診療科目なの?

看護師の高収入は精神科だと狙いやすいのでしょうか?精神科は特殊な診療科目といったイメージがあり、少し危険なこともあるようなイメージがあるかもしれません。しかし、精神科もいろいろとあり、選択肢は多くなっています。

看護師の高収入を精神科では狙いやすい?

看護師の高収入を精神科では狙いやすいのでしょうか?答えはイエスともノーとも言えるのですが、比較的男性看護師が高収入を狙いやすいということは言えます。

最近では、精神科の看護師は男性でなければならない、といった風潮はなくなっており、女性の看護師も増えています。

実際に男性、女性の割合がほとんど変わらない精神科もあります。しかし、そういった状況になっても、やはり男性看護師の方が高収入を狙いやすいのです。

これは、重要なポジションは男性看護師、という流れがあるためです。精神科は患者様を押さえつけたりすることがあるため、どうしても男性の方が優遇される傾向にあります。

こういったことから、男性看護師は高収入を狙いやすい職場であることは変わりありません。

ただ、男性看護師が精神科以外の診療科目を希望するケースが増えているため、今後はどうなっていくか分かりませんが。

精神科にも急性期と慢性期があり、こちらでも急性期の方が高収入になる傾向が高いです。

急性期の精神科では、暴れる患者様も多く、夜間の緊急入院などでの対応になるケースが多いです。

こういったことに対応するというのが、高収入になる要因の1つでしょう。

こういった状況を書き出すと、男性の方が向いていると言うのも分かりますが、ただ女性病棟などもありますので、女性の看護師が不要ということはありません。

看護師 高収入の精神科で働きたいのであれば

看護師が高収入の精神科で働きたいのであれば、先程も述べましたが、急性期の精神科がベストですね。

緊急入院が多い精神科ということです。ただ、患者様が暴れたりする危険性もありますので、大変な仕事でもあります。

高収入になっても、もしかすると体感年収は安いとなってしまうかもしれません。

また、最近では精神科も分野が広くなり、看護師の職場の選択肢が増えています。例えば、最近の流れとしては、精神科訪問看護が注目を浴びています。

訪問看護はここ数年で随分と伸びてきている分野ですが、その精神科バージョンということです。

訪問看護自体がある程度高収入と言えますので、精神科訪問看護も高収入になるケースが多いですね。

ただ、精神科訪問看護は楽と言われている看護師もいますが、やはり危険も伴います。対応を間違えるといわゆるストーカーになってしまうこともありますので、注意が必要です。

対応が慣れれば、体感年収としても高いと感じることができる職場になるでしょう。

研修なども多く開催されている、今トレンドのものですので、やりがいも感じることが出来ると思います。

看護師 高収入の精神科を選択する方法

看護師が高収入の精神科を選択する方法は、どういったものがあるのでしょうか?看護師が求人を探す手段は多くあり、求人数も多いです。

精神科の求人に関しても、決して少ないということはありません。

ただ、一般病院よりも充足傾向の病院は多いですね。よって、採用基準が高いこともあります。

例えば、精神科の経験があることが条件であったり、夜勤は月に4回以上出れることが条件であったりします。

充足傾向の精神科の病院があるということは、逆を言うと大募集中の病院は大丈夫なのか、ということが言えます。

これが高収入の精神科を選択するポイントです。高収入だけで見ると、大募集中の病院の方かもしれませんが、充足気味の病院の方が、長く続けることができる環境があるかもしれません。

高収入というのは、金額が高いか低いかもありますが、結局のところは継続できないと意味がありません。

こういった精神科の病院を探すには、看護師転職支援サイトを利用し、精神科病院の内情を把握することが大切です。

いくら高収入であっても、看護師が定着しないのであれば、何か問題があると思った方が良いですね。

長く続けることができる精神科の病院をじっくりと探すようにしましょう。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ