看護師の高収入 内視鏡は資格があれば可能性大?

看護師の高収入 内視鏡は資格があると可能性が高くなります。内視鏡介助は看護師にとって専門分野であり、採用側もスキルを持っている人を欲しているのです。日勤のみで高収入となると内視鏡は外せない選択肢と言えます。

看護師の高収入 内視鏡で達成するためには?

看護師の高収入を内視鏡で達成するためには、消化器内視鏡技師の資格が必要です。この資格があるかないかで、全く異なった状況になります。

というのも、内視鏡介助の実績、及びの技術を証明するものが消化器内視鏡技師の資格だからです。

消化器内視鏡技師の資格は一定の内視鏡介助の実績が必要で、医師の推薦が必要です。

そして、その上で協会の講座などを受講し、試験に合格する必要があります。

ただ単に筆記試験だけでなく、実績があった上での医師からのお墨付きも必要というのが、資格の強い信頼に繋がっています。

内視鏡介助に関しては、当然ながら技術が必要であり、資格の有無ではありません。技術を証明するものだから意味がある資格と言えるでしょう。

よって、看護師が内視鏡で高収入を得るためには、消化器内視鏡技師の資格が必須と言えます。

この資格がある上で、高収入に繋がる職場を探すと良いですね。

ただ現実的には、まずは消化器内視鏡技師の資格を取得するための経験を積むことが出来る職場を探す必要があります。

実はこれが案外難しいのです。冒頭で述べたように、消化器内視鏡技師の資格を持っている看護師を採用したいわけですよね。

ということは資格を取得したいという看護師を欲しているわけではないためです。

ある程度余裕がある病院やクリニックで、内視鏡介助の経験を積み、そして消化器内視鏡技師の資格を取得できると、そこから高収入で仕事を行うことができます。

看護師の高収入 内視鏡は体感年収も高い職場が多い

看護師の高収入 内視鏡は体感年収が高い職場も多くなっています。

その理由として最も大きいのが、残業が少なく日勤のみ、という勤務形態です。つまり、看護師の仕事でネックになっていることを2つもクリアしている職場と言えるのです。

こういったことから、体感年収が高いとなります。特にママさんナースからすると、大変重宝することになるでしょう。

消化器内視鏡技師の資格があると、高時給のアルバイトも可能になります。例えば、13時~17時の勤務で時給2,000円といった形もあります。

つまり、働き方の選択肢が増えるということになります。正社員の場合は体感年収となりますが、パートの場合は体感時給とでも言いましょうか。

これが高いと言うのも、内視鏡介助の仕事のメリットの1つですね。

看護師の場合は、生涯を通じてずっと正社員で勤務できるとは限りませんから。

看護師の高収入 内視鏡で得るための職場

看護師の高収入を内視鏡で得るための職場には、どういったものがあるのでしょうか?

基本的に内視鏡介助は日勤のみのため、日勤帯での仕事になります。よって、多くの選択肢としては、病院なのかクリニックなんなのか、ということになります。

その中で高収入になるかどうかの見極め方として、やはり内視鏡検査の件数が大切です。

いくら消化器内視鏡技師の資格があっても、内視鏡検査の件数が少ない病院やクリニックであれば、高収入にはなりません。

まずは、件数がしっかりと確保されている職場を選択するようにしましょう。

そして、次に内視鏡の件数といくらか繋がる部分がありますが、内視鏡室専属で勤務が出来るかどうかですね。

中には外来兼務になっていることも多く、そういった職場では、あまり高収入に繋がることがありません。

内視鏡介助をどれだけ専門的に行うことが出来るか、これがとにかくポイントになるのです。

こういった職場を探すにあたって、看護師転職支援サイトを活用し、内視鏡検査の件数などをしっかりと確認しておくと良いでしょう。

また、内視鏡を専門に行っている看護師の数や医師の数も、参考資料になるでしょう。

内視鏡検査を行っている医師の数が少ないと、もし医師が退職することがあった時に、内視鏡検査の数がぐっと下がってしまうかもしれないためです。

こういった点にも注意して、高収入に繋がる内視鏡室を探しましょう。

高収入の看護師求人を探す!


  • 看護roo!

    看護roo!

    高収入の看護師求人を探すなら、やはり看護roo!が一番良いです。求人の表面上の事だけでなく、実際の昇給や手当て、残業についてなど詳しく調べて貰えますよ!
    看護roo!公式サイトを見る

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    全国対応型のナース人材バンクは、看護roo!との併用に向いています。こちらも古株で実績豊富な求人サイトですので、高収入の求人に関しても信頼できますよ!
    ナース人材バンク公式サイトを見る

このページの先頭へ